プロミスのお金の借り方は?

プロミスの借り方は?【借入方法や審査基準を解説】

見出し

見出し2

プロミスは借り方簡単?【審査内容を事前にチェック】

プロミスの借り方は?【申込みから借入れまでの流れ】

プロミスは、金融業界の中でも審査が早いと評判のカードローン。

 

 

今日中にお金を借りたい方にとっては嬉しいサービスが用意されていますが、初めて利用する方にとっては申し込み方法や契約手続きなど分からないもの。

 

そこで、プロミスではどんな借り方があるのか、申込みから契約、借入方法までを分かりやすくご紹介します。ぜひ参考にしてみて下さい。

 

プロミスの借り方簡単?【申し込み方法は?】

プロミスに初めて申し込む場合、「申込み→審査→契約→借入れ」の流れで手続きが行なわれます。

 

まず、申込方法は大きく分けて4つ。

 

Webからの申込み

パソコンやスマホを使ってインターネット上で行なうのがweb申込み。4つの申込方法の中で一番簡単でスピーディーな借り方です。

 

 

しかも、24時間365日いつでも申込みOK。誰にも会わずに契約を済ませることが可能です。

 

申込フォームで入力した内容をもとに一次審査が行なわれますが、一次審査完了後にプロミスから電話があります。

 

申込フォーム内で入力した【希望連絡先】へプロミスから連絡が入り、審査に必要となる項目をいくつか質問されます。

 

来店での申込み

自宅近くの自動契約機、またはお客様サービスプラザ(店頭窓口)で行なう2つの申込方法。

 

自動契約機の場合は、web申込と同じく誰にも会わずにスピーディーな手続きが可能で、契約後すぐにお借入れもできるところがメリットです。

 

タッチパネルで入力した情報をもとに一次審査が行なわれ、審査結果が出るまでの待ち時間は、カードの使い方などの説明ビデオが流れます。

 

お客様サービスプラザ(店頭窓口)での申込みの場合は、分からない点を相談しながら手続きできるところがメリット。不安や疑問の多い方にとっては評判の良い借り方です。

 

電話からの申込み

自宅の電話や携帯電話を使って、プロミスコール(レディースコール)と呼ばれるコールセンターへ電話をする申込方法。

 

 

名前や生年月日など一次審査に必要となる項目をいくつか質問されるので、口頭で答えていきます。パソコンやスマホが苦手な方にとっては、電話による借り方が簡単かもしれませんね。

 

プロミスコールの他に、女性専用ダイヤルのレディースコールもあります。どちらも受付時間は9時〜22時まで。土日祝日も対応しています。

 

郵送での申込み

申込書に必要事項を記入し、必要書類のコピーと一緒に郵送する申込方法。

こちらも、誰にも会わずに申込みできる方法の一つです。インターネットも電話も苦手という方、急ぎではない方におすすめの借り方です。

 

申込書は、インターネット上でプロミス公式サイトへアクセスして取り寄せるか、プロミスコールに電話をして取り寄せます。

 

申込書を郵送した後は一次審査が行なわれ、一次審査に通過すれば契約書類が自宅に届く流れ。もちろんこの時の差出人名は「事務センター」。プロミスからの郵便物とは気づかれないよう配慮されています。

プロミス公式サイトへ

 

プロミスの申し込みに必要なものは?

プロミスで融資の審査を受ける際には下記の書類が必要です。

本人確認書類

  • 運転免許証
運転免許証をお持ちでない場合
  • パスポート
  • 健康保険証+住民票
外国籍の場合は「在留カード」もしくは「特別永住者証明書」が必要です。

 

収入証明が必要な場合

  • 源泉徴収票(最新のもの)
  • 確定申告書(最新のもの)
  • 給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)
賞与がない場合は直近2ヶ月の給与明細書が必要

プロミス公式サイトへ

 

プロミスの審査に通るためには

プロミスには申し込み可能条件というものがあり、それに該当しない場合は審査に落ちる可能性があります。

 

未成年、70歳以上の方は不可

20歳未満の未成年、及び70歳を超えている場合は申し込みできません。

 

未成年と70歳以上の方の場合、どれだけ本人に安定した収入があるとしても申し込みは不可能ですので、残念ながら諦めるしかありません。

 

安定した収入があること

プロミスに申し込むには定期的に安定した収入を得ていることも条件の一つです。

 

ちなみに「安定した収入」を得るための就業形態は特に規定はなく、アルバイトやパートでも問題ありません。

 

アルバイトやパートをしていれば学生や主婦でも借り入れは可能です。

 

まとめ

  • 20歳以上・70歳未満
  • アルバイトやパートなど安定した収入がある

上記の条件を満たしていれば問題なく申し込みが可能です。

プロミス公式サイトへ

 

プロミスで借り入れするメリットは?

30日間無利息サービス

初めてプロミスで借り入れする場合限定ですが、30日間金利が0円になるサービスが用意されています。

 

ただし30日間無利息サービスに申し込むには条件があります。

  • メールアドレスを登録する
  • Web明細を利用する

Web明細って?
パソコンやスマートフォン、携帯電話などから利用明細書および受取証書を確認できるサービスです。会員サービスにログインすることで登録が可能です。

申込み時にWeb明細を登録する方法

申込み時にメールアドレスを登録して書面受取方法を『プロミスのホームページにて書面(Web明細)を確認』を選択するだけでOKです。

 

郵便物が届かないので家族にバレずに借りられる

キャッシングやカードローンは基本的に専用のカードで現金を引き出して利用します。

 

プロミスの場合はカードなしでもお金が借りられるシステムが整っているのですが、「カードなしでどうやってお金を借りるの?」と疑問に思われる方もいらっしゃると思います。

 

融資をしてもらう際にはプロミスに電話をかけるかもしくはネットで申請します。

 

その後、指定の口座にお金が振り込まれるのでカード無しで借りられるというわけです。

職場に在籍確認の電話があるって聞いたけど…

プロミスから職場に在籍確認の電話がかかってくる際には社名は名乗らず、個人名で連絡があるので会社にバレる心配はありません。

 

プロミスポイントサービスで無利息

プロミスには初回の30日間無利息サービスの他にも一定期間利息を無料にする方法があります。

 

「プロミスポイント」というポイントを貯めることで一定期間利息が無料になるサービスです。

無利息サービスを受けるために必要なポイント数
必要ポイント 250ポイント 400ポイント 700ポイント
無利息適用期間 7日間 15日間 30日間
プロミスポイントを貯める方法は?
対象サービス 獲得ポイント数 備考
プロミスポイントサービス申込 100ポイント 初回登録時のみ
プロミスインターネット会員サービスログイン 10ポイント 毎月初回ログイン時のみ
プロミスインターネット会員サービス内の「プロミスからのお知らせ」の確認 5〜20ポイント ポイント対象外のお知らせもあるので注意。ポイント対象の場合はお知らせ内にポイント獲得数が記載されています。
収入証明書類の提出 160ポイント ---
  • ご返済日お知らせメール
  • 取引確認メール
  • パソコンまたはケータイによる書面の受取
各1ポイント 毎月末時点で対象サービスに登録している場合

プロミス公式サイトへ

14時までの契約で当日中の融資も可能

プロミスの審査は最短で30分で完了します。

 

申し込んですぐ融資をしてもらいたい!という場合は、平日の14時までに契約内容を確認できれば当日中の振り込みも可能です。

 

土日祝日・平日14時以降に融資してもらうには?

「平日の14時までに契約ってちょっと難しくない?」

 

プロミスには瞬フリ(振込キャッシング)というサービスがあって、24時間365日ネットから申し込み・振込してもらえるキャッシングサービスです。

 

三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座があれば24時間・最短10秒で振り込みをしてくれる便利なサービスなのです。

 

瞬フリを利用すれば土日だろうが夕方だろうが瞬時の振込も可能です。

 

瞬フリ(振込キャッシング)の利用方法

会員サービスにログイン

振込先の口座を登録

会員サービスの借入れ・返済の手続きから「瞬フリ(振込キャッシング)のお手続き」をクリック

利用限度額内での借入金額を指定

最短で10秒で振込が完了

銀行別受付時間と振込実施時間
三井住友銀行
曜日 受付時間 振込実施時間 サービス停止時間
月〜金

0:00〜24:00
24時間受付

受付完了から10秒ほど後 毎週日曜日21時〜翌月曜日7時及び元日
土・日・祝日
ジャパンネット銀行
曜日 受付時間 振込実施時間 サービス停止時間
月〜金

0:00〜24:00
24時間受付

受付完了から10秒ほど後 毎週月曜日0時〜7時及び元日
土・日・祝日
その他の銀行
曜日 受付時間 振込実施時間 サービス停止時間
月〜金 0:00〜9:00 当日9:30頃 毎週月曜日0時〜7時及び元日
9:00〜14:50 受付完了から10秒ほど後
14:50〜24:00 翌営業日9:30頃
土・日・祝日 0:00〜24:00 翌営業日9:30頃

女性専用ダイヤルがある

電話で融資の申し込みをする際、通常のプロミスコールの他に女性専用ダイヤル「レディースコール」があります。

 

初めての利用で緊張する、男性相手にはちょっと話しにくい相談をしたい等、女性特有の悩みも女性オペレーターが対応してくれます。

 

その他にもレディースキャッシングという女性専用のキャッシングサービスがあります。

通常のキャッシングとレディースキャッシングの違いは?

プロミスの通常のキャッシングとの違いは女性専用ダイヤルがあるくらいで、その他のサービス内容は通常のキャッシングとは特に変わりません。

 

電話での申し込み希望でオペレーターが男性だとちょっと尻込みしてしまう…という女性の方にはおすすめです。

プロミスのデメリット

利息があまり安くない

プロミスの利息は消費者金融業界では特別高いというわけではありません。

 

しかし他の消費者金融や銀行と同様に借入額が少なければその分利息は高くなります。

 

ちなみにプロミスの実質年率は最大で17.8%で、10万円借り入れして30日間利用した場合の利息は「1,463円」になります。

プロミス公式サイトへ

プロミスのリアルな口コミは?【利用者の本音公開】

プロミスの良い口コミは?

【借り方】インターネットで瞬フリサービスを利用

勤務先が変更となった時に、クレジットカードの支払日が間に合わず、クレジットカードのリボ払いを完済して別のカードへ切り替えるために申込みをしました。生活費決済という名目ですが、何より便利だったのは振込融資として三井住友銀行の銀行口座で全ての引き落としを行なっていたので、プロミスの瞬フリサービスを利用できることでした。インターネット経由でカードレスタイプの口座引き落としによる支払い方法を選択し、身分証明書と収入証明書を指定されたアドレスへアップロードすると、審査が進みます。在籍確認の電話の後で審査通過となりますが、一番大きかったのは返済日を5が付く日と月末の合計4つから選べたことです。クレジットカードの返済日が給料日前となってしまったので、瞬フリでしのいで事実上の借り換えが出来て助かりました。

41歳 男性 契約社員

【借り方】Web申込みで瞬フリサービスを利用

新しい派遣会社へ移動した際に、給与振込先口座が三井住友銀行指定だったことから、プロミスの存在を知りました。消費者金融を完済した後だったので、契約を解約して新たにプロミスへ変更することにしました。なぜなら、派遣会社は突然派遣切りに遭うことが珍しくなく、次の出向先が確保できるまで貯蓄と借り入れに頼る必要があるからです。プロミスならば、給与明細が複数枚用意出来た段階で、インターネット経由でも申し込めるので、返済方法を口座振替とすれば借り入れに瞬フリを使えます。計画的な利用を行なうためにも、専用ローンカードで気軽に借り入れしやすくなることに懸念があったので、WEB経由で行なう借り入れ方法ならば、借りすぎを防げると考えたわけです。審査は一般的な消費者金融と同様に、申込み意思確認と勤務先への在籍確認が行われますが、派遣元への電話連絡を入れても良い時間帯を聞いてもらえる点が他社と違いました。

40歳 男性 派遣社員

【借り方】電話申込みのあと自動契約機へ

プロミスを利用した理由は、急にお金が必要になったこと。他社もありましたが、ネットで調べていて見やすいのとわかりやすいという理由からプロミスに決めました。時間が夕方6時をすぎていたため、そのままネットから仮審査を行いました。それからすぐ電話連絡があり、仮審査が通ったため電話での色々な確認がありました。契約機に本日行けば、今日中に借り入れができるというお話しでした。電話の対応も丁寧で感じがよく、わかりやすい説明をしてくださいましたし、安心しました。それからすぐに近くにある契約機へ行きました。手続きを機械のアナウンス通りに進めて借り入れができました。あまりの簡単さ、時間の速さには驚きました。すぐにお金が必要だったのでとても助かりました。

33歳 女性 医療系施設勤務

プロミスの悪い口コミは?

スマホで入力ミスをしました…

プロミスに申し込んだ理由は、貯金が底を尽きてしまったのでしょうがなく、借金をして生活をしようと思ったからです。審査に落ちた理由なんですが、恐らく電話番号かメールアドレスのどっちかを間違って入力してしまったからだと思います。どういうことかというと、電話かメールで審査結果の連絡が来るはずなんですが、いつまで経っても連絡が無かったんです。早くお金を借りたくて焦っていたのもあって、うっかり入力ミスしてしまったような気がします。借り方は僕でもスマホで簡単にできたので、その点は便利だったんですけどね。ネットからの申込みですぐに借りれるのは楽で良いなと思いました。

27歳 男性 派遣社員

インターネット経由で簡単に申し込めたけど…

プロミスに申し込んだ理由は、お店を開くために借りようと思いました。審査に落ちた理由は、たぶん2つあると思っています。年収の3割ギリギリを借りたいと申請したからです。アルバイトという安定しない職業なので、ちょっと無謀な金額だったと思っています。そしてもう一つは、アルバイト先の直属の上司にきちんと在籍確認をお願いしていたのですが、その時たまたま別の部署の上司が出たため「在籍確認がきちんと取れなかった」と連絡が来てしまった事です。借り方は、インターネットから申し込みをしました。職歴や借りたい理由など、どこの消費者金融会社の申請でも必要な事を聞かれました。特に記憶に残るような変な事は聞かれていないので、簡単に申し込みはできた印象です。

23歳 女性 アルバイト

スマホから申し込んだけど…

私がプロミスに申し込んだのは今から3年前でした。ちょうど大学卒業してから働いていた会社を辞めて、派遣社員として働き始めた頃でした。プロミスでお金を借りた理由は、正社員から派遣社員に転職して、手取りで10万円ほど給料が下がったためでした。正直貸してくれたらどこでも良かったので、とりあえず有名な消費者金融であるプロミスに申し込みました。ちなみに私のスペックは年収200万円、他社の借り入れ無しというものでした。スマホから申し込むと30分ほどで電話がかかってきて、簡単な質疑応答と今後の流れの説明がありました。その後言われたように運転免許証をスマホで撮影し、送信して審査を待ちました。審査は最短30分ということでしたが、なかなか連絡がありませんでした。3時間ほど待たされてようやく審査結果のメールが届きましたが、審査に落ちたというメールでした。他社からの借り入れが全くない私が審査に落ちるなんて全く想定外です。いま思えば、派遣社員として働き始めて半年位だったのがダメだったのかもしれません。また、派遣元の会社でなく派遣先の会社で在籍確認をしてもらった方が良かったのかもしれません。というわけで、それ以来私は2度とプロミスに申し込んでいません。

28歳 男性 派遣社員

プロミス公式サイトへ

プロミスの借り方Q&A【よくある質問と答え】

何円から借りれますか?1万円でもOKですか?

プロミスでは1万円からの融資が可能なので、借入額が1万円でも大丈夫。

 

口コミでは千円単位の融資もできるようなので、少しでも利息を減らしたい方にはなるべく少額の借入がおすすめです。(※ATMの機種によっては、千円単位で出金できないケースもあるようです。)

 

はじめて利用する方なら30日間は無利息で借入れできるので、少額なら無利息期間中の利用がお得になります。

 

なお、30日間無利息サービスは、契約手続きの際に「メールアドレスの登録」と「Web明細利用の登録」をした方のみ適用されるサービスとなっているのでご注意ください。

コンビニからでも借りられる?

プロミスと提携しているATMが設置されているコンビニなら、コンビニATMでももちろん借り入れできます。

 

おもな提携先ATMは、三井住友銀行ATM、ゆうちょ銀行ATM、E-netコンビニATM、ローソンATM、セブン銀行ATMになります。

 

※三井住友銀行ATMなら手数料0円。その他については提携ATM利用手数料がそれぞれかかります。

学生でもプロミスでお金借りれますか?

プロミスでは20歳以上である事が申込条件となっているため、未成年の学生は申込みできませんが、20歳以上でありなおかつ安定した収入がある方であれば、学生でも申込みできます。

 

ただし、「本当にお金が必要なのか」「返済計画はきちんと立てているか」など、きちんと考えてから融資を受けることをおすすめします。

大学生です。家族にバレずに申し込めますか?

プロミスでは、申込みから契約までの手続きをすべてインターネット上で済ませることができる「Web完結」サービスがあります。

 

このWEB完結を利用して、さらに【カードレス】を選んでカードの発行をなしにすれば、郵送される物もなく家族にバレる心配なし。

 

返済時もインターネット返済を利用すれば、カードレスでも簡単ですよ。

プロミス公式サイトへ

プロミスの審査基準どう?【賢い借り方とは?】

プロミスの審査基準はとてもシンプル。

 

  • 満20歳〜69歳以下の方
  • 安定した収入のある方

 

最低限の申込条件として挙げられるのは、年齢が20歳から69歳までの方であること、そしてその人に一定の収入があること、この2点です。

 

上記の条件を満たせば申し込みが可能に。

 

 

きちんと収入があれば正社員にこだわる…ということもなく、パートやアルバイト、学生やフリーター、派遣社員や契約社員など収入に自信のない方でも、年収にかかわらず安定収入があれば審査対象になります。

 

正社員で年収○○万円以上といったような明確で厳しい基準があるというわけではないので、安心して借入れ審査に申し込むことができるようになっています。

 

このとき、必要書類の提出が求められるので事前に用意しておくのがおすすめです。

 

必要書類@本人確認書類
  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証+住民票

※上記のうちいずれか1点を提出。

 

必要書類A収入証明書類
  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 給与明細書(直近2カ月+1年分の賞与)

※上記のうちいずれか1点を提出。(50万円以下のお借入なら原則不要)

プロミス公式サイトへ

 

プロミスの審査時間は?【一番早い借り方は?】

カードローンやキャッシングを利用してお金を借りる場合、一番時間がかかるのが審査。

 

 

急な出費でお金が必要になった時、借りたい時にすぐ借りれるカードローンが利用しやすいですよね。

 

プロミスなら、審査は最短30分で完了するというスピーディーさ。

 

借り方や契約方法によって審査結果が出る時間は異なりますが、インターネット上で申し込みから契約までを完了させると、審査も早く即日融資も可能となるのでおすすめです。

 

プロミスの契約方法は?【選べる借り方】

プロミスの契約方法は3つ。

 

どの契約方法を選ぶとしても、契約書類に記入する内容に不備がないように気をつけるのがポイントです。

 

WEB契約

申し込みから契約まですべてインターネット上で行なえるのがWeb契約。

 

 

カードのいらないカードローンとして人気で、来店不要&郵便物不要で契約が完了します。

 

最短即日を希望するなら、この借り方を選ぶと手続きがスピーディーです。

 

来店契約

来店申込(自動契約機での申込)の際にそのまま契約にうつるパターンと、WEB申込みや電話申込みのあとに来店するパターンの2通りあるのが来店契約。

 

 

来店する際には、くれぐれも必要書類の持参をお忘れなく。

 

郵送契約

一次審査通過後にプロミスから届く契約申込書に必要事項を記入し、必要書類のコピーと合わせて契約申込書を返送するのが郵送契約。

 

誰にも会わずに契約できるものの、少々時間がかかるのがデメリットです。

 

プロミスの借入方法は?【スピーディーな借り方は?】

 

プロミスの借入方法は4つ。

 

指定口座への振込

インターネット会員サービスにより振込キャッシング「瞬フリ」を選択すると、ご契約完了後最短約10秒で指定口座への振り込みが完了。

 

 

しかも振込手数料は無料!24時間ご利用可能です。

 

※指定口座とは、三井住友銀行の口座またはジャパンネット銀行の口座のみになります。

 

プロミスATMから出金

全国各地にあるプロミスATMはもちろん、お客様サービスプラザ(店頭窓口)からカードを使っての出金が可能。

 

こちらも振込手数料は無料!土日祝日は24時間いつでも利用可能な借り方です。

 

ただし、契約完了時刻によっては、翌営業日の9時30分頃になるのでご注意を。

 

三井住友銀行ATMから出金

すでに三井住友銀行の口座をお持ちの方は、「瞬フリ」サービスの利用が可能に。

 

 

契約完了後10秒後に、三井住友銀行の口座へ振り込まれます。

 

こちらも振込手数料は無料!24時間いつでも利用可能な借り方です。

 

提携ATMから出金

提携ATMから引き出す借り方。

 

提携ATMとは、ゆうちょ銀行、コンビニATMのE-net、ローソンATM、セブン銀行ATMなど様々あります。

 

ただし、1万円以下のご利用なら手数料108円、1万円超のご利用なら手数料216円と、利用金額に応じて利用手数料がかかるのでご注意を。

プロミス公式サイトへ

プロミスのWeb完結どう?【おすすめの借り方】

プロミスではWeb申し込みを選択すると、申込から契約までのすべての手続きがネット上で完了します。これを「Web完結」と言います。

 

 

WEB完結なら、店舗窓口や自動契約機への来店不要!

 

カードが不要な場合は【カードレス】を選択することで、プロミスから郵便物が届くこともありません。家族にバレる心配もなくお借入が可能ですね。

 

そんなWeb完結の流れはこちら。

 

プロミスのWeb完結の流れは?【便利な借り方をチェック】

  1. インターネットで申し込み
  2. 申込完了メールを受信
  3. 職場に在籍確認の電話あり
  4. 必要書類をメールかアプリで提出
  5. 契約内容の確認電話あり
  6. 契約内容事前確認のお願いメールにて、契約内容の確認&承諾
  7. 振込手続き

 

最短即日を希望する場合は【銀行振込】を選択すると、スピーディーに借入が完了します。

 

プロミスの振込人名義は、「パルセンター」か「プロミス」のどちらかを選択可能。

 

 

他人に通帳を見られた際、パッと見でキャッシングの利用がバレないよう配慮されているところが嬉しいですね。

 

上記の1〜7の流れでWeb完結が完了すると、最短30分で銀行口座に振り込まれます。

 

三井住友銀行かジャパンネット銀行のどちらかの口座をお持ちの方なら、事前申し込みにより「瞬フリ」サービスの利用が可能に!

 

瞬フリなら、振り込み手続きから最短10秒で振込融資が行われます。急いでいる方、最短即日で融資をご希望の方におすすめの振込サービスとなっています。

プロミス公式サイトへ

プロミスは借り方も返し方も簡単?

最短30分で審査結果が分かり、即日融資も可能なプロミス。

 

インターネット上で申込から借入まで完了する「Web完結」をはじめ、「来店」「電話」「郵送」の合計4つの借り方が選べるのが特徴的です。

 

さらに、借り方が簡単なプロミスでは、返し方ももちろん簡単。7つの返済方法から自分にとって都合の良い返し方を選ぶことができます。

 

 

ただし、返し方によっては手数料がかかる場合があるので要注意。

 

借入だけでも利息がかかるので、返済時は手数料無料で返済したい方が多いですよね。

 

以下に、返済方法と手数料、営業時間などをまとめて掲載しました。ぜひ参考にしてみてください。

 

プロミスの返済方法一覧
返し方 手数料 営業時間
インターネット返済 0円 24時間対応
口フリ(口座振替) 0円 毎月返済日に自動引落とし
お客様サービスプラザ
(店頭窓口)
0円 平日は10時〜18時
(店舗により土日祝日が休み)
プロミスATM 0円 7時〜24時
(ATMにより異なる)
コンビニ(メディア端末) 0円 24時間対応
提携ATM ATMにより異なる
(三井住友銀行は0円)
金融機関により異なる
銀行振込 振込手数料が必要 金融機関により異なる

プロミスのスムーズな借り方は?【申込みはこちらから】