プロミス審査の流れは?WEB申し込み簡単?

プロミス審査の流れは?Web完結なら最短即日融資が可能?

住宅ローンや車のローンを組む時など、一般的にローンでお金の借り入れをする際には審査がつきもの。

 

 

もちろんプロミスのカードローンも同じで、「この人に貸しても大丈夫か」「返済能力があるかどうか」などを見極めるために必ず審査を行います。

 

とは言え、「審査」と聞くと厳しいイメージがあるもの。そのため、カードローンについてあまり知らない方にとっては、消費者金融になかなか手を出せないのではないでしょうか。

 

ですが、実は消費者金融にお金を借りる際の審査はさほど難しくないのが現状で、基本的な条件を満たせばどなたでも利用できます。

 

では、プロミスの審査はどういう流れになっているのでしょうか?こちらでは、一番簡単で評判の良いWeb申し込みを例に、申込みから審査、借り入れまでの流れをご紹介します。

 

プロミスでWeb申し込みするなら?【審査の流れはどう?】

  1. インターネットで申し込む
  2. 申込完了メールを受信
  3. 勤務先に在籍確認の電話あり
  4. 必要書類をメールかアプリで提出
  5. 契約内容の確認電話あり
  6. 契約内容事前確認のお願いメールにて、契約内容の確認&承諾
  7. 振込手続き

 

Web完結申し込みなら審査が早い!

まず、プロミスの公式サイトへアクセスし、申込フォームにて必須事項を入力していきます。

 

 

入力する項目は、名前や住所、電話番号などの情報をはじめ、勤務先や最終学歴など。

 

申し込みが完了するとすぐに審査が始まるので、あとは審査結果を待つのみです。

 

審査は簡単!急ぎでもOK◎

審査の流れとしては、プロミスがその人の信用情報を調べ、申込時に入力した勤務先に本当に勤務しているかどうかなどを電話で調べます。

 

これを「在籍確認」と言いますが、一番時間がかかるのはこの在籍確認ではないでしょうか。

 

 

そして、年収などを考慮した上でその人の借入限度額を決定し、審査終了となります。

 

審査が終わったあとはメールもしくは電話で審査結果の回答が来るので、そこから返済のための口座を登録できれば最短即日融資が可能になります。

 

このように、審査と言ってもスピーディで、急いでいる方でも利用しやすくなっているのがプロミス。プロミスに申し込める最低条件がありますが、基本的には「20歳〜69歳以下」「収入が安定していること」のこの2点をクリアすればどなたでもOKとなっています。

プロミス公式サイトへ

プロミス審査の流れに関するQ&A【よくある質問と答え】

プロミスの審査は最短30分って本当ですか?

プロミスでは、インターネット上ですべての手続きが行なえるWeb完結サービスが利用できます。

 

Web完結申し込みなら、公式サイトの申込フォームにて情報を入力するだけ。

 

申込完了後すぐに審査が開始される流れとなっているので、すべての手続きがスピーディーとなっています。

プロミスは来店不要で審査できると書いてありました。免許証の提出とかって、どうするんですか?

プロミスでは、パソコンやスマホを使ってインターネット上で申し込みから契約、借入まで全て完了できるのがメリットです。

 

その際、審査に必要となる本人確認書類や収入証明書類の提出が求められますが、スマホや携帯電話のカメラ機能を使って免許証などを撮影し、メールやアプリで送信すれば書類の提出も可能!

 

Web申込みはとても簡単で便利な申込方法となっています。

プロミスでWeb契約した場合の在籍確認って?

プロミスでは、勤務先への在籍確認を電話で行っています。

 

申込フォーム内で入力した勤務先の電話番号へ、プロミス担当者の個人名で申込者を呼び出す流れとなっています。

 

ただし、会社が休日の土日に申込んだ場合は在籍確認ができませんよね。

 

こういう時は担当者に相談することで、別の方法で在籍確認を行なってくれるケースもあるようです。

プロミスの審査基準は甘い?厳しい?【審査時間はどう?】

 

まず、プロミスの審査に申し込める条件は2つ。

 

  • 満20歳〜69歳以下の方
  • 安定した収入のある方

 

この2つの条件をクリアできれば、アルバイトでもパート主婦でも、派遣社員や契約社員でも借入は可能です。

 

正社員以外であっても申込み可能となっているので、「もしかして審査甘いの?」と思われるのは自然なことですね。

 

さて、申込時には以下の必要書類の提出が求められます。事前に何が必要なのか知っておくことで、スムーズに契約を進めることができます。カードローン初心者さんは以下の点を要チェックです。

 

プロミス審査時に提出する必要書類をチェック!

プロミスの申込みでは、印鑑や保証人、担保は不要となっていますが、以下の書類の提出が求められます。

 

 

必要書類@本人確認書類
  • 運転免許証
  • 健康保険証+住民票
  • パスポート

※上記のうちいずれか1つを提出。

 

必要書類A収入証明書類
  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 給与明細書(直近2カ月+1年分の賞与)

※上記のうちいずれか1つを提出。(50万円以下のお借入なら原則不要)

 

プロミスの審査時間はどのくらいかかる?

 

 

プロミスでは、審査時間はなんと最短30分!

 

申し込みが混み合っているなど状況によって時間が異なりますが、平日に限らず土日祝日も審査可能で、即日融資にも対応しているのがプロミスのメリットです。

 

これは「とても急いでいる!」という方にとってはとても有り難いシステム。よほど混み合っていなければ数時間以内で契約が完了し、そこからすぐに融資してもらう流れになります。

 

ただし、申込完了時刻によってはすぐに審査結果の回答が得られないケースがあるので要注意。

 

Web申込みなら24時間365日申込可能ですが、審査結果がすぐに得られる時間帯は限られているので事前に覚えておいて下さい。

 

審査時間を早めるには?

最短即日融資を受けたい方は、以下の点を実践してみると審査結果の回答が早く得られるかもしれません。

 

  1. 借入希望額を少額にする
  2. 収入証明書類を提出する

 

消費者金融では、借入限度額が大きいほど審査が厳しくなる傾向にあります。

 

なので、カードローン初心者の場合は特に必要以上に借り過ぎないこと、この点に気をつけるだけで融資までの時間が早くなるだけでなく審査も通過しやすくなります。

 

また、収入証明書類の提出については、原則として50万円以上の借入れの際にだけ必要なものですが、少額融資であっても任意で提出することができます。

 

収入証明書類を提出することは、よりプロミスから信用を得られやすくなるため審査が早くなるというわけですね。

 

急な出費ですぐに借りたい方は、これらの事を参考に実践してみてはいかがでしょうか。

プロミス公式サイトへ

プロミスの審査に通るコツは?

プロミスの審査は、他の消費者金融と比べて大きな違いはないようです。

 

ですが、カードローン初心者さんの場合は事前に審査に通るコツを知っておきたいですよね。

 

確実に融資を受けたいと思う方は、以下の点を参考にしてみて下さい。審査通過率を上げることができます。

 

プロミスの審査に通るコツは?

申込時の情報入力を正確にする

申込フォームでは、住所や勤務先、勤続年数などいくつか情報入力を行ないます。

 

 

このとき、バレないだろうと思って勤務年数や住所などについて虚偽の申告をしないようにして下さい。あくまでも正しい情報のみ申告するようにしましょう。

 

また、虚偽の情報ではないものの、単なる入力ミスをしてしまった場合にも審査落ちの対象になる可能性があります。

 

自分に関する情報は正確に丁寧に入力していき、入力内容は必ず最後に細部までチェックするよう気をつけて下さい。

 

住所の番地や電話番号、メールアドレスは間違えやすいので要注意です。

 

借入希望額を低めにする

総量規制により、最高融資額は年収の3分の1までとなっているプロミス。

 

 

そんな中、カードローン初心者の方がいきなり年収の3分の1ギリギリの額を希望した場合、信用に欠けてしまうと判断されかねないのが現状です。

 

一般的に借入希望額が大きい人というのは、延滞する確率が高くなってしまうんだそう。限度額が高くなれば返済リスクも高くなるためですね。

 

確実に借り入れたい方は融資額を少なめにしてみて下さい。

 

※プロミスを継続的に利用することで限度額の増額が可能になります。

 

プロミス以外に複数同時に申し込まない

無事に借入れできるかどうか不安な方の中には、複数の金融会社に同時に申し込みをする方がいます。

 

この複数同時に申し込む行為は、審査落ちの対象になってしまうことをご存知でしょうか。

 

 

実は消費者金融などの業者では、あなたがカードローンやキャッシングに申し込んだ履歴を共有できる仕組みになっていて、複数同時に申込んでいる事実はバレバレです。

 

そうなると、「かなりお金に困っているのではないか」「申込者にお金を貸して大丈夫だろうか」とローン会社に悪い印象を与えてしまいかねません。

 

なので、借りられるかどうか不安でもプロミスだけにしぼって申込みをする、これが審査に通るコツの一つになります。

 

他社からの借入を整理する

すでに他社からの借入れがある場合には、できるだけ返済額を減らしてから申し込むようにして下さい。

 

 

その際、決して返済の遅延がないようにご注意を。

 

これはクレジットカードでも同じで、くれぐれも支払遅延が起きないよう気をつけて下さい。

 

最低6カ月以上の勤務実績をつくる

安定収入があれば、アルバイトや派遣社員、パート主婦でも申し込めると評判のプロミス。

 

 

ですが、どんなに安定した収入があったとしても、入社したばかりの新入社員(正社員)や勤続1カ月ほどの契約社員などの場合は、審査に通らない可能性が高いです。

 

審査が比較的甘い?と評判のカードローンですが、最低でも6カ月以上の勤務実績を作ってから申し込むほうが審査に通る可能性が高くなります。本当にお金が必要なのか、よく考えてから申し込むようにして下さい。

プロミス公式サイトへ

プロミスのスムーズな借り方は?【申込みはこちらから】