プロミスの審査は勤続年数で有利になる?

プロミスのキャッシング審査に受かるために!?

あなたは、「プロミス」などの消費者金融を利用した経験ってありませんか…?

 

主婦の方やサラリーマンの方、学生さんなどお金に困っているというさまざまな方がこのキャッシングを利用していると言われています。

 

以前よりも審査を受けやすくなったということや、闇金と違ってとてもクリアで身近な存在になってきているということなど、その利用しやすさのハードルが下がったことが理由です。

 

さて、そんなプロミスですが、まず利用するためには事前に審査に申し込まなくてはなりません。

 

審査を受けることによってOKと判断されたら、この人にはちゃんとお金を返してくれる力がある!と判断されたということ。

 

借りたものは返す…当たり前のことではありますが、やっぱりプロミス側としても損失を出さないためにも審査をしていかなくてはならないのです。

 

この審査を受けるポイントはたくさんあるのですが、ネットなどでも「どうやったら審査に受かる!?」という情報が飛び交っていたりします。審査に通過しやすくなるポイントを挙げますので、ぜひ見てみてください。

 

年収もだけれど勤続年数が長いと有利に!

年収が多ければ多いほど、そのぶんこの人は返済してくれるということで審査に通りやすくなるのがひとつのポイントです。

 

ですが、それだけ年収が多かったらそもそもキャッシングをすることなんて、ないですよね…。

 

誰もが審査を有利に進められるポイントとして挙げられるのが「勤続年数」です。収入額もそうなのですが、まずこの勤続年数が長ければ長いほど審査に受かりやすくなると言われています。

 

たとえ正社員であっても、定職に就かずあちこちの会社をフラフラとしている…という人と、アルバイトや契約社員であっても何年も同じところでコツコツ働いているという人、あなたならどちらにお金を貸しますか?

 

やはり、多くの方が後者にお金を貸すと思います。

 

これは勤続年数が長いということで安定した収入があると考えられることや、まじめに仕事をしているということで返済する姿勢があるなどと判断されるからです。

 

プロミスなどの消費者金融は、ただ単に機械的に審査を行っていくだけではありません。

 

このように、収入がいくらあるかということはもちろんのこと、きちんとお金を返してくれるだろうか?という人柄もチェックされるのです。

 

正社員だけでなく、アルバイトの勤続年数が長いという方も審査に有利になると言われています。
プロミスではパートやアルバイトの方でもキャッシングの申し込みができますので、借り入れを考えている方は少しでも勤続年数を伸ばしておくと、審査のときに印象が良くなると言われていますので覚えておくと良いでしょう。

プロミス審査前に確認!