プロミスの審査で連帯保証人は必要?

キャッシング時の審査、連帯保証人はいるの?

「高利貸し」や「質屋」というと、お金を貸してはくれるものの、そのために担保や保証人を立てなければなりませんよね。

 

これは昔の話ではありますが、住宅ローンなど高額なものになると今でも連帯保証人が必要になるものです。

 

しかし、個人にお金を貸してくれる消費者金融では、キャッシングをする際に連帯保証人や担保が必要なくなっています。

 

そもそも連帯保証人というのは、もし借り入れをした本人が返済をすることなく逃げてしまったり、死亡して返済できなくなったときに代わりに返済してくれる人のことをいいます。

 

ですから、質屋などでなくてもお金を借りるのですから、消費者金融のキャッシングでも連帯保証人は必要なんじゃ?と思いますよね。

 

プロミスなどの消費者金融では、連帯保証人はもちろん担保も、さらには審査の申し込みや契約時にも印鑑すら必要ないんです!

 

プロミスの審査なら連帯保証人も担保も不要!

プロミスの借り入れ申し込みや審査に必要なのは、基本的には本人確認書類のみ。あとは、たとえば住民票であるとか戸籍謄本であるとか特殊な書類は一切必要ありません。

 

借りる金額が大きい場合には給与明細書などが必要になることもありますが、あとは担保も連帯保証人も不要なのでスムーズに審査をしていくことができます。

 

申し込みをしたあとは審査が終わるまで最短で30分、長くてもおよそ数時間で審査が終わりますですから、連帯保証人も担保もナシですぐにお金を借りることができるんです。

 

連帯保証人が不要ということはお金を借りやすいというメリットだけではありません。もし連帯保証人が必要という場合、その人に頭を下げて連帯保証人になってくれとお願いしなくてはなりませんし、キャッシングをするという事実をどうしても知られてしまいます。

 

できるだけ他バレしたくないという場合が多いキャッシング、身に降りかかるトラブルを避けるために保証人になってくれる人が少ないというのも事実です。

 

連帯保証人というとどうしても借金の肩代わりや取り立てにおうじなければならないなど、さまざまな面倒ごとを引き起こす火種になりかねません。自分が保証人になってくれ!と頼まれてもなかなか良い顔をすることができないように、また周りの人もなかなかOKを出すことができないのが保証人なんです。

 

こういった面倒な工程をすべて飛ばして、キャッシングの審査に申し込むことができるため、プロミスなどの消費者金融が人気となっているんですね。

 

担保も不要ですから、事前に家じゅうのものをひっくり返して探す…という面倒なこともありません。

プロミス審査前に確認!