プロミス審査は連帯保証人が必要?

プロミスの借り入れは連帯保証人が必要?

 

 

プロミスは連帯保証人や担保が必要?

 

連帯保証人とは、もし借入れした本人が返済せずに逃げてしまったり、死亡して返済できなくなった時などに代わりに返済してくれる人のこと。

 

借金の肩代わりや取り立てに応じなければならないなど、さまざまな面倒ごとを引き起こす火種になりかねないものです。

 

自分が「連帯保証人になってほしい!」と頼まれてもなかなか良い顔をすることができないように、周りの人もなかなかOKを出せないのが連帯保証人ですよね。

 

そんな中、お金を借りると言えば消費者金融のカードローンやキャッシングがありますが、カードローンやキャッシングでも連帯保証人は必要なのでは?と思いますよね。

 

そこで、プロミスでは連帯保証人が必要なのか詳しく調査したのでご紹介します。

 

プロミスは連帯保証人も担保もいらない?

 

個人にお金を貸してくれる消費者金融では、借入時に連帯保証人や担保が不要な場合が多くなっています。

 

プロミスでも連帯保証人や担保は不要。さらには審査の申込みや契約時に印鑑すら不要です。

 

必要なのは基本的に本人確認書類のみ。たとえば住民票や戸籍謄本などの特殊な書類は一切必要ありません。

 

高額融資の場合には給与明細書などの収入証明書が必要になるケースもありますが、担保も連帯保証人もいらないのでスムーズに審査を受けられます。

 

プロミス公式サイトへ

プロミス連帯保証人に関する疑問【よくあるQ&A】

消費者金融のCMでよく見る「保証人不要」って、本当ですか?プロミスも本当に保証人なしですか?

プロミスでは、保証人も連帯保証人も担保も必要ありません。

 

昔は個人向けの貸付では保証人を立てる必要がありましたが、現在では高額融資以外の貸付であれば、保証人不要な消費者金融がほとんどとなっています。

なぜプロミスでは連帯保証人や担保がいらないんですか?

連帯保証人や担保など不要で貸付を行なう事は、当然プロミス側にとってリスクが高いもの。

 

だからこそ、その分プロミスなど消費者金融では金利が高いと思うと、納得するのではないでしょうか。

 

よく銀行カードローンと比較すると「消費者金融は金利が高い」と言われますが、連帯保証人なしで借入れできるからこその高金利。

 

プロミス側は返済能力の有無を金利でカバーしていると言えますね。

プロミスは学生でも連帯保証人なしで契約できますか?

20歳以上でなおかつパートやアルバイトなどで収入を得ている学生なら、保証人や連帯保証人なしで申し込めます。

 

また、借入額の有無に関わらず無担保・無保証となっているので、急いでいる時でもすぐに申し込めます。

プロミスは連帯保証人が不要?【審査基準と審査時間は?】

 

まず、プロミスでは最低限の申込条件を満たさなければ借り入れできません。

 

下記の申込条件をクリアできれば、どなたでも申込みすることができます。

 

申込条件はこちら
  • 満20歳〜69歳以下の方
  • 安定した収入のある方

 

この安定した収入とは、パートやアルバイト社員、派遣社員や契約社員も含まれます。

 

アルバイト収入のある学生(20歳以上)も含まれるので、どなたでも利用しやすいカードローンとして口コミ評価が高いです。

 

ただし、収入のない専業主婦は申込条件に該当しません。配偶者に収入があっても申し込めないので、専業主婦の場合は銀行カードローンなどを検討してみてはいかがでしょうか。

 

プロミスの審査基準は甘い?厳しい?

 

申し込み前に知っておきたいのが審査基準。

 

口コミでは審査が甘い?と評判ですが、その口コミは本当なのでしょうか。

 

以下に、プロミス利用者の声をもとにチェックされる項目を調査してまとめました。ぜひ参考にしてみて下さい。

 

過去に金融事故を起こしていないかどうか

 

カードローンやキャッシング、クレジットカードの利用実績については、信用情報機関というところで管理・共有されています。

 

今までに延滞や支払遅延を起こした場合には、金融事故として履歴に残ってしまい、契約できない可能性が高いです。

 

履歴は最短5年〜10年ほど保管されますが、保存期間が過ぎれば削除されるもの。という事は、履歴が削除されていれば借り入れできる可能性が高くなるという事です。

 

もし過去に金融事故を起こした経験がある場合には、信用情報機関に問い合わせてみることをおすすめします。

 

他社ローンを利用しているかどうか

 

すでに他の金融機関を利用している場合には、そのローン残高によって借入れできる額に制限があります。

 

総量規制の対象であるプロミスは、年収の3分の1を超える融資は法律上できないため、すでに他社で年収の3分の1ギリギリの額を借りている場合には、契約できないケースが多いです。

 

複数の業者を利用している方は、いま一度ローン残高を見直してみて下さい。

 

勤続年数が長いかどうか

 

収入の多さに関わらず、正社員はもちろんパートやアルバイト、契約社員や派遣社員でも申し込めるプロミス。

 

ですが、勤続年数が短い場合には、たとえ正社員であっても公務員であっても審査落ちになるケースが高いです。

 

一つの会社に長く勤めていると、社会的信用度が上がるもの。

 

入社したての新入社員や転職したばかりの方は、カードローンの利用を先延ばしにするなど検討してみてはいかがでしょうか。

 

プロミスの審査時間はどのくらいかかる?

 

カードローンやキャッシングを利用してお金を借りる場合、一番時間がかかるのが審査。

 

なんとプロミスでは、審査は最短30分で完了するという驚きの早さを誇ります。

 

もちろん、借り方や契約方法によって審査結果が出るまでの時間は異なりますが、インターネット上でWeb申込みをしてから契約まで全てWebで完了させると、最短即日融資も可能になるほど早いのでおすすめです。

 

急な出費で現金が必要になった時、借りたい時にすぐ借りれるカードローンというのは利用しやすくて良いですね。

 

プロミス公式サイトへ

連帯保証人なしでプロミスの審査に通るコツは?

申込内容を正確に入力する

 

Web契約、来店契約、郵送契約のうち、どんな申込方法を選んだとしても申込時の情報入力を正確に行なわなければいけません。

 

申込時には、住所や年齢はもちろん、勤務先や勤続年数などの情報を申告していきますが、ここでうっかり間違いやすいのが住所の番地や電話番号、メールアドレス等です。

 

もちろん虚偽の情報を申告するのはNGですが、誤字脱字、数字の入力ミスなどの単純ミスも審査落ちの原因の一つになってしまいます。

 

申込時にはくれぐれも最終確認を忘れないようにして下さい。

 

複数社同時に申し込まない

 

借り入れできるか不安なために、同時に複数の金融機関に申し込む人がいますが、その行為は「申し込みブラック」と言われる状態となり、審査落ちの可能性がかなり高くなってしまいます。

 

金融業者側からすると、「お金にかなり困っているのでは?」「返済能力はあるのだろうか?」と信用に欠ける行為となってしまうので、くれぐれもプロミスだけに申し込むようにして下さい。

 

借入希望額を必要最低限にする

 

プロミスは総量規制の対象のため、年収の3分の1までの貸付しかできないと法律で決められています。

 

だからと言って、カードローン初心者さんがいきなり年収の3分の1ギリギリの借入額を希望してしまうと、信用に欠けると判断されかねません。

 

確実に審査に通りたいなら、必要最小限のみ借りるようにして下さい。

 

※利用期間が長くなれば増額申込みが可能になるので、そちらを利用するのがおすすめです。

 

他社ローンを見直す

 

すでにカードローンやキャッシングを利用している場合には、申込み前に全額返金するか、できるだけ返済額を減らすことをおすすめします。

 

もし残高を減らすのが難しいのであれば、決して返済の遅延がないように注意して下さい。

 

これはクレジットカードでも同じです。くれぐれも支払遅延が起こさないよう気をつけて下さい。

 

勤務実績を最低6カ月以上つくる

 

申込条件として「安定した収入があること」とある通り、正社員に限らずパートやアルバイト社員であっても申込みできます。

 

ですが、さすがに勤続1カ月〜数か月では返済能力があるかどうか判断がつきません。たとえ正社員や公務員であっても、入社したばかりでは審査落ちの可能性が高いということです。

 

なので、もし余裕があるならば最低でも6カ月〜1年ほど勤務実績を作り、それからプロミスに申し込むことをおすすめします。

 

プロミス公式サイトへ

プロミスの審査時に提出する必要書類は?【保証人不要】

 

プロミスでは、連帯保証人や保証人不要で申し込むことができると上記でお伝えしました。

 

ただし、審査時には以下の書類の提出が求められます。

 

事前に提出書類をチェックして、すぐ手続きできるよう用意しておくことをおすすめします。

 

必要書類@本人確認書類
  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証+住民票

※上記のうちいずれか1点を提出。

 

必要書類A収入証明書類
  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 給与明細書(直近2カ月+1年分の賞与)

※上記のうちいずれか1点を提出。(50万円以下のお借入なら原則不要)

プロミス公式サイトへ

【連帯保証人なし】プロミスの借入方法と注意点は?

プロミスでは、審査通過後に以下の4つの借入方法にてお金を借りることができます。

 

それぞれに注意点を記載しているので、しっかり確認しておいて下さい。

 

指定口座への振込

 

一番早い借入方法と言えば、振込。

 

インターネット会員サービスにて振込キャッシング「瞬フリ」を選ぶと、契約完了後に最短約10秒で指定口座への振り込みが完了します。

 

しかも、振込手数料は無料!24時間いつでも利用できるという嬉しいサービスです。

 

※指定口座とは、三井住友銀行の口座またはジャパンネット銀行の口座のみになります。

 

プロミスATMから出金

 

全国各地にあるプロミスATMはもちろん、お客様サービスプラザ(店頭窓口)からカードを使って出金することができます。

 

こちらも振込手数料は無料で、土日祝日でも24時間いつでも利用できる借り方です。

 

※ただし、契約完了時刻によっては翌営業日の9時30分頃になるのでご注意ください。

 

三井住友銀行ATMから出金

 

すでに三井住友銀行の口座をお持ちの方は、「瞬フリ」サービスの利用が可能に。

 

契約完了後10秒後に、三井住友銀行の口座へ振り込まれます。

 

こちらも振込手数料は無料で、24時間いつでも利用できる便利な借り方です。

 

提携ATMから出金

 

提携ATMとは、ゆうちょ銀行、コンビニATMのE-net、ローソンATM、セブン銀行ATMなど様々あります。

 

この中で評判が良いのが、自宅近くに多いコンビニATM。いつでも気軽に利用できるというメリットが評価が高い理由です。

 

ただし、1万円以下のご利用なら手数料108円、1万円超のご利用なら手数料216円と、利用金額に応じて利用手数料がかかるのでご注意を。

 

プロミス公式サイトへ

連帯保証人が不要となると、「お金を借りやすい」というメリットだけでは?と思われるかもしれませんが、他にも嬉しいメリットがあります。

 

まず、ローン申込時にもし連帯保証人が必要な場合は、その人に頭を下げて連帯保証人になってくれとお願いしなければならない上に、カードローンを利用するという事実をどうしても知られてしまいます。

 

できるだけ他人にバレたくないキャッシングやカードローン。身に降りかかるトラブルを避けるために保証人になってくれる人が少ないというのは事実ですよね。

 

プロミスでは、こういった面倒な工程をすべて飛ばしてカードローン審査に申し込むことができます。

 

ネットでの評判が良く、利用者が多いのも納得ですね。

プロミスのスムーズな借り方は?【申込みはこちらから】