プロミス審査に収入証明は必要?

プロミスの審査は収入証明がいつも必要?

プロミスの審査時に必要な書類は?

個人に対して担保なども必要なく、簡単な審査に通過すればお金を貸してくれるキャッシング業者。

 

このキャッシングを利用するときに、特別な書類などを用意する必要は基本的にはありません。

 

そのため、プロミスなど消費者金融を気軽に利用することができるとして人気が高くなっているんです。

 

借り入れのための審査に申し込む際には、まず本人確認ができる書類…つまり、健康保険証や運転免許証といったものを用意しなくてはなりません。

 

これはお財布に入っているという方が多いですし、すぐに用意することができますよね。

 

でも、本当にこれ以外に何も書類は必要ないのでしょうか?プロミスで審査を受ける際に、本人確認書類以外にも必要になってくるものってないのでしょうか?

 

収入証明書類ってどんなもの?何がいるの?

実は、ひとつだけあります。

 

基本的にはプロミスの借り入れ審査に申し込むときには、先ほど述べた本人確認書類だけでOKです。(外国籍の方は在留カード、もしくは特別永住者証明書が必要になりますがここでは一般的な日本国籍の方のことをいいます)

 

あとは特に担保を用意することも、審査の際に印鑑を持っていったり保証人を立てなくてはならない…ということも必要ありません。

 

ただ、いくら借りたいかという希望借り入れ額が「50万円」を超えてしまう場合と、すでにプロミス以外のところでキャッシングをしていて、その合計が100万円を超えているという場合。

 

このふたつのパターンに該当する方は、審査をするときに本人確認書類とあわせて「収入証明書類」を用意しなくてはならないのです。

 

この「収入証明書類」っていったいなんなのでしょうか?

 

収入証明書類というのは、たとえば毎月の給与明細書をはじめ、源泉徴収票・確定申告書・所得証明書といったもの。会社名や収入額など、返済能力があるかがわかるもののことをいいます。

 

収入証明書類が必要になるという方の場合はそのぶん借りる金額が高額なため、通常の審査に加えて本当にこの人は返済能力があるのか?ということを証明するために、本人確認書類とあわせて必ず提出しなくてはなりません。

 

本人確認書類ならすぐにあるのに、特別に用意するのが面倒だな…と考えがちですが、収入証明書類の中でも「給与明細書」ならばすぐに用意できるのではないでしょうか。

 

ちなみに、給与明細書の場合は「直近2か月分」のものと1年分の賞与明細書が必要になりますが、賞与明細書はないという場合には最新2か月分の給与明細書のみでOKです。

 

これらのうちひとつで良いので、自分が所得証明書が必要だとわかったら審査を申し込む前に事前に用意しておきましょう。

プロミス審査前に確認!