プロミスは総量規制の対象外?初回の借り入れ限度額はいくら?

キャッシングの「総量規制」ってなに?

プロミスをはじめとする消費者金融は、貸金業法という法律にのっとって業務をしています。

 

この貸金業法というのはさまざまな内容があって、特にキャッシングをするときに聞くのが「総量規制(そうりょうきせい)」だと思います。

 

消費者金融のホームページなどでよく見かける総量規制という言葉ですが、これってどういう意味なのでしょうか?

 

そもそもキャッシングをするときには、自分で返しきれないほどの大金を借りることはできませんよね。

 

この金額ですが、その人の収入などと照らし合わせて決められていきます。

 

中には複数の消費者金融からキャッシングをして、たくさんのお金を借りているという方もいらっしゃいます。でも、こんなことを繰り返しているうちに借金の合計額はどんどん膨らんでいき、止まらなくなってしまいます。

 

それを防ぐのが、この「総量規制」です。

 

複数のキャッシングは総量規制に引っかかるおそれも!

先ほど、自分で返済しきれないほどの大金を借りられないと言いましたね。これは最大で年収の3分の1までということが、貸金業法によって決められています。これを総量規制といいます。

 

たとえば、年収300万円の方であれば単純に借り入れ可能額は100万円ということになります。

 

これは1社からの借り入れ限度額ではなく、複数のキャッシングの合計が100万円です。その人が借りられる最大額ということになりますね。

 

ただ、住宅ローンや自動車ローンなど、総量規制の対象外のものもありますので注意してください。

 

あちこちの消費者金融から借りたら、総量規制に引っかかるなんてわからないんじゃないの?と思ってしまいますよね。

 

しかし、消費者金融ではこの借り入れ情報を共有していて、貸金業法に違反しないように注意しています。業務停止命令などになってはいけませんから、消費者金融側も注意深く審査を進めていき、総量規制や年収をしっかりとチェックしたうえで融資が可能かどうかを判断します。

 

ただ、そんなに高額を借りるわけではないという場合や、ほかの消費者金融からはキャッシングしていない…という場合には、総量規制うんぬんはあまり関係ありません。計画的なキャッシングをして、自分できちんと返済できるようスケジュールを立てていくことをオススメします。

 

特に、プロミスのような大手の消費者金融では返済についての相談や、総量規制についての質問などを電話ででき、丁寧に対応してくれます。総量規制の対象外と噂されている通り、状況に合わせて融資額を増やすことも検討されるようです。少しでも不安があれば相談してみると良いのではないでしょうか。

プロミス審査前に確認!